相談会予約

CONTACT

TEL

MENU

雨はなぜ降るのか…1

こんにちは。

 

新築部の村崎です。

 

昨日から続いている雨ですが、雨はなぜ降るの…?と思っている方もおられると思いますので、

 

本日は雨はなぜ降るのか…そのメカニズムをお話しさせて頂きます。

 

空から降ってくる雨、命ある生物にとって、なくてはならないものですが、

 

でも不思議、普段はぽっかり静かに浮いている雲から シトシト降り注ぐ雨、

 

雨は雲から生まれるものなんです。

 

空に浮かぶ雲の誕生からお話しすると…

 

雲は空気が上昇気流によって、上の方、上の方へと昇っていき、

 

まわりの気温は低くなってきます。

 

すると、それまで目には見えなかった空気中の水蒸気が冷やされて、

 

たいへん小さな水滴に変化します(大きさは0.02mmくらいのたいへん細かいもの)

 

それが雲の誕生です。

 

じゃあ、どうやって雲から雨になるのかと言いますと、

 

空に浮かんでいる雲の粒の大きさは、半径約0.01mm

 

これが様々な過程を経て大きく成長します。

 

この大きくなったものが、重力に引かれて落下し、地上に到達したものが雨なんです。

 

雲から雨に成長する過程を「降水機構」と言って、その降水機構には、

 

暖かい雨と冷たい雨の2種類があります。

 

その雨の種類は、雨になる前の雲の気温によって変わるのです。

 

本日はここまで、、、

 

明日は冷たい雨のお話をさせて頂きます。

 

話しましょ、たくさん

自然素材のデザイン住宅

無料相談会毎日開催
無料相談会毎日開催