無料相談予約

資料請求

TEL

MENU

   

一番、安心できる場所であるために
「最高等級」の住宅性能を標準仕様に

アールコーブホームでは、長期優良住宅基準を満たす住宅性能を標準仕様にしております。※
断熱材には安全基準が厳しい米国で高いシェアを誇るセルロースファイバーを採用し、断熱複合サッシ等の高性能な建具を使用することで、ZEH水準の断熱性能を基準としています。
構造においても高耐震工法&制振ダンパーにより耐震等級3(相当)とする等、住宅性能4項目において最高等級を叶えます。
※ご希望の間取りにより異なる場合がございます。

住宅性能
住宅性能

劣化対策等級 ★★★(最高等級)

劣化対策等級は、住宅性能表示制度で住宅を長持ちさせるための対策の程度を評価する指標の1つです。
等級のランクは3段階に分かれ、アールコーブホームでは、最高等級の3の指標を標準仕様としています。

等級3:3世代まで大規模な改修工事をせずに使えるよう対策されている住宅
等級2:2世代まで大規模な改修工事をせずに使えるよう対策されている住宅
等級1:建築基準法で定める通りの対策がされている住宅

将来の安心も

耐震等級 ★★★(最高等級)

耐震等級は、住宅性能表示制度で建物の地震への強さ、耐震性能を示す指標の1つです。
等級は1から3までの3段階あり、アールコーブホームでは、最高等級の3(相当)を標準仕様として、安心して暮らせる住まいづくりをしています。

耐震

維持管理対策等級 ★★★(最高等級)

維持管理対策等級は、住宅性能表示制度で給水・排水管やガス管等の清掃や点検、補修のしやすさを示す指標の1つです。
アールコーブホームでは、給水・排水管、ガス管等の維持管理をしやすくするために必要な対策をおこない、最高等級の3を標準仕様としています。

維持管理対策等級

断熱等性能等級 ★★★(最高等級)

断熱等性能等級は、住宅性能表示制度で省エネ・断熱性能を示す指標の1つです。
アールコーブホームでは、断熱材にセルロースファイバーを採用し、断熱複合サッシ等の高性能な建具を使用することで、最高等級の仕様を標準仕様としています。

断熱等性能

さらに断熱性能は、HEAT20 G1グレード以上を標準仕様に

HEAT20とは、「地球温暖化とエネルギー、そして居住者の健康と快適な住まいを考え、2009年に研究者、住宅・建材生産者団体の有志によって発足した団体「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」の略称です。
英語名のInvestigation committee of Hyper Enhanced insulation and Advanced Technique for 2020 houses の頭文字をとり、HEAT20と呼ばれています。
アールコーブホームでは、HEAT20 G1グレード以上を標準仕様にしております。

断熱性能
UA値:外皮平均熱貫流率。断熱性能の基準。UA値は数値が低い方が優れています。
でお問合せ

オンライン相談

TOPへ

無料相談会毎日開催
無料相談会毎日開催