TEL

MENU

TEL

無垢の木と自然素材に
こだわるのは当然のこと

無垢の木

今でこそ、無垢の木と自然素材を使った家は珍しくありませんが、私たちは10年以上も前から無垢材や漆喰の壁など、自然素材の素晴らしさに着目していました。

私達が創る家は、四季のある日本の気候に順応できる吸放湿性を持ち、室内の空気を汚すことのない無垢の木と選りすぐりの自然素材を標準で使っています。

人間も自然の一部。だから、家も自然素材だけで創るのが一番いい。そんなあたりまえのことが、なかなか難しい時代です。

私たちは多くの自然素材を吟味し、生産地、品質、機能、価格などすべての面で納得できるものだけをセレクト。

柱は背割れの無いひのき、床は無垢材、壁は漆喰など、細部に至るまで自然素材にこだわっています。ここまでこだわる理由は、お客様が理想とする家づくりの最大のカギが自然素材にあると知ったからです。

建具、床、壁など家の随所で、選りすぐりの素材が織り成す、素晴らしいハーモニーをお楽しみください。

健康面での安心、安全、建物の耐久性や機能性、そして何よりも暮らしの心地よさ。人間も自然の一部である以上、家も自然素材だけでつくるのがいちばん良いのです。

無垢材をふんだんに使う「呼吸する家」

呼吸する家

冬の朝起きて暖かい、部屋間の温度差がない、空気がきれい、音が静か、地震に強い、このような住み心地を可能にした「呼吸する家」こそ、これからの日本の住まいのスタンダードになると思います。

森や木が呼吸するように、無垢の木をふんだんに利用した住まいも呼吸し、年間を通じて快適な湿度や通気性を保ちます。

私たちが無垢の木にこだわる理由は、木そのものが呼吸するため、調湿機能に優れている、使い込むほどに風合いと味が出る、蓄熱性が高く、ぬくもりを感じられる、表面がやわらかく肌触りがやさしい、などが挙げられます。

ただし、無垢材なら何でも良いという訳ではありません。

私たちが使う柱はすべて最高級の国産ひのきです。

しかも、含水率が低く、乾燥や収縮が起きづらい「背割れ無し」のひのきだけを使っています。

ひのきは成長の速度が遅く、伐採までに70年もかかり、集成材に比べると値段も高価です。

しかし、その木目は美しく緻密で、反りや狂いが少なく、耐久性も抜群。

ひのき自体に防蟻性があるので、厄介なシロアリも近寄ってきません。

梁は目詰まりの太角を使用しています。

後から心配のないように、目詰まりの暴れが少ない材料を吟味し、弊社独自の厳しい基準で通常よりも太い材料を選びました。

さらに、窓台や間柱まで徹底して無垢材にこだわっています。

肌に触れるからこそ床や建具も無垢材を使う

無垢材・建具

構造材だけでなく、いつも肌に触れる床や建具も無垢材にこだわります。

無垢材の床に触れてまず感じるのは、やさしさとぬくもり。

夏はひんやりと涼しく、冬はやさしく暖かく。

無垢材は私たちと同じ生き物なので、室内が乾燥すれば水分を吐き出し、湿気が多いときには水分を吸い込みます。

木のやさしい香りに包まれて、一年中裸足で暮らせる心地よさ。

私達の創る家の床は無垢材が標準仕様で、ウォルナット、オーク、チーク、パイン、ヒバ、桐、ローズウッド、竹、桧など豊富なラインナップからお選びください。

ポーチ・キッチン床は天然大理石・各種600角タイル・各種300角タイルから選択できます。

ぬくもりのある漆喰の壁

漆喰壁

漆喰は石灰石を主原料とした壁材料で、昔の日本の家では外壁も内壁も漆喰で塗られていました。

日本は四季があり、空気環境も大きく変わります。それを調整してくれたのがしっくいです。湿気が多ければ吸着し、少なければ排出する調湿性を持っています。

目に見えない小さな穴が無数にあり、湿気をコントロールしてくれるのです。その他にも、匂いやホルムアルデヒドなど有害物質も吸着分解する力も持っています。快適さもさる事ながらお掃除・お手入れも手軽にできるのも特徴です。
壁の汚れのほとんどは、空気中のホコリや汚れを静電気が引き寄せてしまうのが原因です。

静電気を溜めにくい石灰石を主原料としているしっくいなので、掃除が楽にできます。

お手入れは紙やすりで少し削ったり、ローラーでしっくいを薄く塗るだけと簡単にできます。

これなら、子供が落書きをしてしまったり、キッチンで油汚れがついてしまった場合でも、手軽に元の美しい白にできます。

家だけでなく、これから住む家族のことまで考えたい。私たちは昔のように安心できる住環境を目指し、しっくいを改良に改良をいたしました。

そこでできたのがオリジナル「無添加厚塗りしっくい®」

口にいれても害のない素材のみで、一度塗りで5mmもの厚さを塗れる素早く簡単な施工を実現しました。

住む人の心地よさ、安心さへの強い思いでできた「無添加厚塗りしっくい®」をCASTELLO DIPACEの標準仕様に。

こだわりぬいた安心住宅のCASTELLO DIPACEをぜひ体感して下さい。

上品でやさしい薩摩中霧島の壁

薩摩中霧島

和室とトイレに薩摩中霧島壁を標準で採用しています。

薩摩中霧島壁は、火山灰・白洲(シラス)の珪酸質成分を主成分として、100%天然素材のみを使って開発された内装用仕上げ材です。

吸放湿性に優れるので、カビや結露が発生しにくく、アトピーや喘息などのアレルギー症状で悩んでいる方にもうれしい壁材です。

消臭性能も高く、芳香剤要らずのトイレが実現します。

カラーバリエーションも豊富で、空間になじむ落ち着いた色が揃っています。

上品でやさしい風合いは、和洋どちらにもフィットし、いつまでも飽きのこない空間を演出します。

断熱材はセルロースファイバー

セルロースファイバーは、新聞古紙からリサイクル生産される環境配慮型断熱材。

人や環境にやさしい理想の断熱・調湿・防音材です。

様々な太さの繊維が絡み合い、空気の層をつくり、1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在しています。

この空気の存在がより、一層熱や音を伝えにくくします。さらに、木質繊維特有の吸放湿性で適度な湿度を保ちます。

セルロースファイバーは、安全基準に厳しい環境先進国のある欧米諸国が発祥の地で、米国の断熱材種別シェアを調べてみると最も多く使用されています。

セルロースファイバー

セルロースファイバーは、国際的に認められた安全性があり、ホルムアルデヒド・VOCの放散試験において
無垢の木材と同様の対象外で、F☆☆☆☆以上の安全性が認められています。

カビや害虫にも安心で、木質繊維が持つ吸放湿性の効果でカビや菌の発生を防止。害虫に対しても効果があります。
カビ抵抗性表示では、最上級のランク3を取得しています(防カビ性試験/JIS Z 2911)

万一の火災や雨漏りにも安心です。
難燃処理により、万一、火災にあったとしても延焼を防ぎ、有毒ガスの発生もありません。(難燃3級/JIS A 9523)
わずかの雨漏りでも大丈夫で、断熱材にとって大敵の撥水処理がしてあります。(撥水性試験 JIS A 9523)

木質繊維のセルロースファイバーは、周囲の状態に応じて水分を吸ったり吐いたりしています。
この吸放湿性が適度な湿度をもたらし、結露を防ぎ、大切な建物の寿命を延ばすことにもつながります。
(防湿層不要で次世代省エネルギー基準の認定取得)

また、断熱材別の製造エネルギーではCo2の排出量が少なく、環境にも優しい断熱材です。
断熱材の製造エネルギー(kWh/㎥)
天然系断熱材 セルロースファイバー:14、木質系繊維ボード:560
鉱物系断熱材 グラスウール:100~700、ロックウール:100~700
石油系断熱材 発砲プラスチック:900~1400

薬剤なしの天然防蟻処理

bogi

ホウ酸は、木部に処理すると腐らなくなり、害虫にも食べられなくなり、結果的に地震時にも強い住宅を実現する優れた木材の保存剤です。

ホウ酸は土壌、海水、淡水、温泉そして微量に目薬にまで身の回りのどこにでもあります。

また、人間を始めペット等の哺乳動物、植物には微量の必須元素で、万が一にも摂り過ぎた場合、体外に排出することができ、重篤な副作用も起こしません。

自然界、身の回りのどこにでもある鉱物で、透明無臭で空気中に揮発もしません。安心安全、シックハウス症候群も起こさない、人・環境にやさしい自然素材です。

そして、効果は水(雨)分で流れ出ない限り、恒常的に作用し続け、大切なおうちを守るバリアを維持します。

無料相談会毎日開催