相談会予約

資料請求

TEL

MENU

   

配筋工事(鉄筋組です)

いよいよ、鉄筋が搬入され、基礎の鉄筋組です。コンクリートは圧縮の力に強いですが、引っ張りの力には弱いです。そこで、その弱点を補うために鉄筋をコンクリートの中に組んでそれぞれの弱点を補います。

安江工務店の基礎は、基本べた基礎になり、面で支えることになります。(地盤調査結果によって判断)

主筋はΦ13(あばら筋はΦ10)を150mmの間隔で組んでいきます。フーチング(基礎の厚み)も150mmあります。(ハウスメーカさんは主筋をΦ16を使って間隔を250で組むことがあります。主筋は太いのですが、間隔が広いです)
※写真の手前にある部材は、開口部(スリーブ配管)の補強筋です。

簡単に説明しましたが、参考になればと思います。

でお問合せ

オンライン相談

TOPへ

無料相談会毎日開催
無料相談会毎日開催