相談会予約

資料請求

TEL

MENU

   

床伏せ工事

基礎工事も終わり、養生期間も十分にとりました。

さて、いよいよ土台を敷いていきます。土台には、ヒノキ材10.5*10.5の材料を使います。

土台から出ているのは、アンカーボルトにになります。この部材は、土台と基礎を締める役割があります。

また、長い金物はホールダウンになります。こちらは、基礎と柱が抜けないように支える金物です。

私たちは、ネタレス工法で根太はありません。床の下地は24mmの剛床を敷いていきます。

また、土台と基礎の隙間はウレタンフォームで塞いでいきます。(写真は施工前)

施工が終わりましたら、養生をして完了です。

でお問合せ

オンライン相談

TOPへ

無料相談会毎日開催
無料相談会毎日開催