相談会予約

資料請求

TEL

MENU

   

節分

こんにちは。

 

新築部の村崎です。

 

本日、2月3日は節分ですね!

 

 

そもそも節分とは、「季節を分ける」という意味があります。

 

言いかえると、季節の変わり目ということになります。

 

日本には四季(春、夏、秋、冬)がありますので、

 

季節の変わり目というのは年に4回あります。

 

各季節の始まりは、立春、立夏、立秋、立冬が季節の始まりです。

 

それぞれの前日が節分と呼ばれています。

 

ということは、節分も年に4回あることになりますが、

 

現在の節分は2月3日1回ですよね!

 

その理由は、旧暦では立春が一年の始まりとされており、

 

その前日の節分が一番メジャーになったと考えられているようです。

 

現在で言うところの、節分=大晦日、立春=元日だった訳ですね。

 

これから始まる1年を前に鬼を払い、不幸や災いのない、

 

一年になるよにの願いを込めてこの時期に節分が行われるのです。

 

今でも年末には大掃除をしらり、大晦日には 年越しそばを食べたり、

 

除夜の鐘を鳴らしたりしますよね。

 

一年の変わり目を大切に思う気持ちは、今も昔も変わらないということですね(笑顔)

 

では、なぜ節分に豆まきをするのでしょうか、、、

 

その由来は、昔 京都にある鞍馬山から鬼が出てきて、都を荒らしていました。

 

そのときに鬼を追い払うのに炒った大豆を使ったことから、

 

豆をまくようになった始まりとされています。

 

また、語呂合わせで「魔目=豆・まめ」「魔滅=豆・まめ」となっています。

 

「魔=鬼」として、豆を鬼の目に投げつけることや、

 

鬼を追い払うことに通じているんです。

 

このような理由から、新しい1年を無病息災で過ごせるようにと、

 

豆をまくようになりました。

 

 

また、豆まきで使う大豆は炒った大豆を使う方が良いとされています。

 

いかがでしたか、節分にまつわる豆知識!

 

お役にたったのであれば幸いです。

 

それでは、、、。

 

話しましょ、たくさん

自然素材のデザイン住宅

 

 

 

 

 

 

 

でお問合せ

オンライン相談

TOPへ

無料相談会毎日開催
無料相談会毎日開催