相談会予約

CONTACT

TEL

MENU

明かり取りについて

おはようございます 設計の前田です

 

桜井満開の季節になりまして、入学、就職と

フレッシュな気持ちで臨みたいと思います。

 

新築部署にも、新入社員が入りました。

早速、昨日の私の設計打合せでも挨拶されて、お客様も

「頑張って下さいね~」とお声をかけて頂きました。

おいしいお茶をありがとうございます。

新人同様に素直な気持ちでいたいと思います。

 

今回紹介する物件は、南北に長い建物の明かり取り

工夫した住まいです。お客様とかなり悩んで実現したお家です。

お引渡し直前ですが参考にして頂ければと思います。

 

1、採光とは必ずしも直射日光ではなく(洗濯を干したい場合は除く)

例えば、北面でも大きな窓があると明るいように、建物が接近してなければ

『天空光』という安定した明かりが確保できますね! (ラピュタ的な…)

 

2.南北に長いお家だとやはり中央付近や、北側が暗くなりがちです。

そこで中庭から採光と通風を取込むか、吹抜けから中央付近に明かりを

落しこむかが大切です。

 

3.上記を踏まえて、今回は両方採用しました。

↓↓↓

 

ストリップの鉄骨階段で、2階の南面から明かりを取込みました。

また、空間的にも階段スペースと吹抜を併せて、より吹抜け効果

高くとれて、広く見せてくれます。

 

 

階段の反対側からの写真です。

LDKの広がり感と、中庭の抜け感が視界をより広く見せます。

藤井監督ありがとう!

 

 

今後も、素敵な住まいが続々と完成していきます。

こだわりポイントを紹介させて頂きます。

 

 

 

 

話しましょ、たくさん

自然素材のデザイン住宅

 

 

 

でお問合せ

オンライン相談

無料相談会毎日開催
無料相談会毎日開催