無料相談予約

資料請求

TEL

MENU

   

クレーンの種類

皆さん、こんにちは。

 

秋!っていう過ごしやすい日が

多くなってきましたね。

 

やはり一番秋が季節の中で好きかも

しれません。

過ごしやすく、旬の美味しいものも

多くありますね。

 

小さい頃は自分の誕生日が10月だから、

プレゼントが沢山貰えるから。

理由はその一択でしたが…

(今は違いますよ…笑)

 

さてさて本日は建て方の際には必須の

クレーン車の話。

我々は総称してレッカーと読んでいますが、

一般的にはクレーン車で通っているかと

思います。

 

ただどんなものにも色々な種類があるのが

普通。

勿論クレーンも形状等で細く分かれます。

 

全ての種類ではありませんが建て方の使用する

クレーンを紹介させて頂きます。

 

まず一般的に使うのが「ラフタークレーン」

というクレーン。↓

ブームが真っ直ぐ伸びていてブームを含めて

車体の一部が回転したり、ブームを操る

ことで吊り上げ等を行います。

 

恐らく9割近い現場の建て方をこちらの

クレーンを使って行っています。

 

次が「ピタゴラスクレーン」。↓

ブームが途中から曲がっています。

 

吊り上げの原理はラフタークレーンと

同じですがブームが曲がることで、障害物が

クレーン設置位置から近い際などに

ブームを曲げて障害物を躱して作業が

可能になります。

 

ラフタークレーンやピタゴラスクレーンは

サイズによって吊り上げ可能重量の上限も

変わったりします!

 

最後がドラゴンクレーン。↓

滅多に使うことが無いのですが、狭小敷地

などで、ラフタークレーンなどの大型クレーン

を据えることができない場合などに使います。

 

新築の建て方で使うクレーンは以上3つ。

敷地の状況から使うクレーンを見極めて

手配をしています。

 

世の中にはまだまだ色んなクレーンがあるので

工事現場で見かけた際は用途や形など

調べてみてください!

 

新築住宅部 工事スタッフ 西尾祐哉
新築住宅部 工事スタッフ
血液型 A
趣味 スポーツ観戦(特にヨーロッパサッカー)・体を動かすこと・建築や住宅の雑誌を見ること
コメント 小さな頃から住宅を建てる過程に携わることが夢でした。お客様の思いが詰まった快適な家が建つように、そして安心して工事を任せて頂けるようにしっかりと工事監理をして参ります!
でお問合せ

オンライン相談

TOPへ

無料相談会毎日開催
無料相談会毎日開催